お茶愛好家が常に覚えておかなければならない8つのこと

おいしいハーブの風味とさまざまな健康上の利点のおかげで、何百万人もの人々がお茶を楽しみ続けています。これは、ほとんどの飲み物とは異なり、罪悪感がないためです。またはそれは? 

本日、お 茶辻寿庵紹介しでは、お茶を飲み間違える可能性を回避するために、責任を持ってお茶を飲む方法をごます。 

お茶を再加熱しないでくださいお茶

のポットを作った後、お茶を再加熱することはお勧めできませんので、すぐにそれを終えることを確認してください。お茶を再加熱すると、お茶が酸性になり、葉やバッグの本当の味が損なわれます。ですから、健康的で美味しいお茶を確保するために、すぐに飲めるものだけを作ってください。 

空腹時にお茶を飲まないでください

お茶はいつも素晴らしいですが、食事の後にのみ飲むべきです。空腹時にお茶を飲むと、酸味と食欲不振を経験します。これを避けるために、お茶を飲む前に少なくともいくつかのビスケットを持っている必要があります。 

朝食にお茶を飲まないでください

目覚めたとき、おいしいお茶を飲むのは本当にいいですね。ハービーを持っているという温かい気持ちは、あなたの一日を始めるのに最適な方法のように聞こえます!残念ながら、これは理想的ではありません。そうすると、代謝が遅くなり、自然な空腹感が抑えられ、最悪の場合、不健康な体重増加が起こります。 

灼熱の絶対に飲まないでください

お茶はストーブでお茶を沸騰させたら、焦ってすぐに飲むのは簡単です。これを行うと、お茶はあなたの口、喉、食道、胃を燃やします。したがって、口、喉、消化管を安全に保つために、飲む前にお茶を冷ましてください。 

適度にお茶を

飲む毎日2〜3杯飲む人にとって、それはまだ健康的な量のお茶と考えられています。 4杯以上飲むと危険です。 

そうすることは、睡眠障害、神経質、神経過敏、不整脈およびその後の倦怠感につながる可能性があります。心身の健康を保つために、適度にお茶を飲んでください。 

妊娠中の女性はお茶を飲むのを避けるべき

ですあなたが本当においしいハーブティーを一杯欲しがっていても、それはあなたの赤ちゃんにとって健康にはならないでしょう。これは、お茶が赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼしたり、流産を引き起こす可能性があるためです。したがって、妊娠中の女性の場合は、お茶を飲むことを忘れないでください。 

お茶を軽く保つお茶をせる

沸騰さときは、葉を使いすぎないようにしてください。これが何をするかというと、余分な葉がお茶を不健康にします。これはあなたのお茶があなたの心に危険なカフェインを過剰に含む原因になります。システムにカフェインが多すぎると、頭痛、脱水症状、膨満感、吐き気、不安神経症、不眠症を引き起こしやすいほど危険です。

心臓血管の問題心臓血管の問題にいる

苦しんで場合は、お茶を避けるようにしてください。これは、カフェインの量が、特に葉が多すぎる場合、お茶を強力にしすぎて、さまざまな心臓や血液の問題を引き起こすためです。