大臣賞受賞茶師撰・八女茶詰合せ

¥3,240.00

商品名 : 大臣賞受賞茶師撰・八女茶詰合せ

製造元 : (株)山城物産

原産地 : 日本

価格 : 3,000円(税込3,240円)

八女煎茶100gと八女煎茶ティーバッグ60g(20袋)のセットです。

ショップポイント : 30

カテゴリー: ,

説明

全国茶業連合青年団主催平成30年第65回全国茶審査技術競技大会個人戦を優勝し、
農林水産大臣賞を受賞した茶師・堀恵輔が産地の特質を把握し、茶の品質を鑑別する
優れた技術により鑑定を行った八女茶の詰合せです。

八女茶についてのいくつかの事実

八女茶は、国内で最も有名なお茶の生産者の1つである八女市にちなんで名付けられました。彼らは生産量や販売量の点でお茶業界をリードしていません。最高級の抹茶のいくつかがこの街から来たので、彼らは品質でより有名です。 

2015年現在、八女市の緑茶2本が京都服飾文化研究院からそれぞれのカテゴリーでナンバーワンの高品質茶として認められています!京都服飾文化研究院は、日本のお茶の生産を監督する政府が任命した公式機関です。最高品質の玉露と煎茶の産地として八女市を選びました。 

2つを除いて、ほとんどすべての種類のお茶が八女で生産されています。大規模な農業事業を監督する商業農場がありますが、小さな土地を使用する小規模な地元の農家もあります。お茶を栽培するビジネスは、街でのビジネスであるだけでなく、彼らの遺産の証でもあります。 

八女茶の歴史は、一人の男、修津井栄林という禅僧に帰することができます。彼は15世紀に明中国から日本に来ました。彼が持ってきた最も重要な貨物の1つはお茶の種です。到着後、福岡県八女市黒木町として知られる霊巌寺を建立。 

Shuzui Eirinは、その地域でのみ茶の種を植え始めました。彼の土地から芽生えた葉は、地元のコミュニティと共有されるか、彼自身と寺院のゲストのために提供されます。彼がこれらの茶樹の育て方と世話をする方法を教え始めたのはそう長くはありませんでした。彼はまた、これらの葉を使って良いカップを準備する方法を人々に教えました。したがって、慣行は今日まで続いています。

当時開発された伝統的な技術には、稲わらを使用して、トリミングによって小さく保たれた茶の木の陰の形を構築することが含まれます。葉はまた、植物にストレスを与えないように、そしてピッカーがその品質をより正確に評価できるように、手で摘み取られます。現在、この同じ茶種は、日本の地理的表示保護システムに登録された最初の茶の1つです。

寺院での練習は小規模生産のためだけに設計されています。大量生産と貿易を行う産業になるまでには時間がかかりました。その最初のケースは、野生の茶葉が現れ始めた18世紀半ばに起こりました。ヤメの地元の人々は彼らを採餌し、利益のために売り始めました。彼らはすぐに数十年後にそれらをまとめて栽培し始めました。

19世紀半ば、八女からのお茶の需要が高まりました。長崎県の商人が転売のために購入し始めた。お茶の辻重庵のような農業と商業生産は、ついに20世紀と21世紀に始まりました。そのため、八女茶は世界中のさまざまな店舗で購入できます。